バイオマス発電とは

バイオマス発電とは

バイオマスとは、英語のbio(生物資源)mass(量)を表しています。
生物が太陽エネルギーを使って無機物である水と二酸化炭素(CO2)からつくり出した有機性資源のことです。
石油、石炭なども、もともとは植物資源が変化したものですが、
作られるまでに長い年月がかかるため、再生可能な資源とは考えません。

バイオマスにはさまざまな種類がありますが、大きく3つに分けられます。

①廃棄物系バイオマス
通常は廃棄物として処理される、建築廃材、製材工場残材、家畜排せつ物や食品加工残さなどが含まれます。

②未利用バイオマス
これまで利用価値が見いだされず使われてこなかったもので、
稲わら、麦わらなどの農作物非食用部や、間伐材や被害木等の林地残材があります。

③資源作物
食糧ではなく、エネルギー源や製品材料として使うために栽培される作物のことです。
例えば、サトウキビやテンサイ、デンプンの原料となるトウモロコシ、ナタネやヒマワリなどがあります。

バイオマス発電のメリット

①資源の有効活用が可能
バイオ燃料の材料は、農作物の廃棄物や建築素材の廃材など、
本来廃棄されていた廃棄物を活用して発電を行うことが可能で、
資源の有効活用が可能となります。

②環境面に負担をかけない地球にやさしいエネルギー
バイオ燃料は、実際に燃料として利用する際、二酸化炭素(CO2)を排出するが、
この排出する二酸化炭素(CO2)は、植物が光合成を行う際に取り込んだ分の二酸化炭素(CO2)しか放出しないため、
バイオマス発電は、大気中の二酸化炭素を増加させないエネルギーです。
※植物が取り込む二酸化炭素(CO2)と、燃料として使用するときに排出する二酸化炭素(CO2)の両方を考慮し、
トータル的に二酸化炭素(CO2)排出量がゼロとなるという考えを「カーボンニュートラル」といいます。

③循環型社会の形成が可能
循環型社会とは、限りある天然資源を大切に使って、地球と共存していく社会を言い、
バイオマス発電は、廃棄物の再利用や減少につながるため、循環型社会の構築に大きく寄与します。

④戦略的産業の育成
地域にあるエネルギーを利用することで、地域経済の活性化、雇用創出が期待されます。
また、自分たちのエネルギーを自分たちでつくり、自分たちで利用することは、
地域内のコミュニティの活性化や、地域経済住民一人一人の心の活性化にも繋がる可能性があります。

また、ゼロワットパワーでは、その中でも「木質バイオマス」「バイオディーゼル」を燃料とするバイオマス発電に特化しており、発電所プラントの設立コンサルティングも携わっております。

木質バイオマス発電

木質バイオマス発電とは、山林の未利用材などを、ペレットなどのチップに加工し、
燃料として使用し、タービンを回して発電する仕組みです。

発電方法は、製材端材や木質チップを直接燃焼させて、発電させる「蒸気タービン方式」と、木質バイオマスをガス化して燃焼させる「ガス化-エンジン(ガスタービン)方式」に分かれます。

木質バイオマス発電

バイオディーゼル発電

バイオディーゼル発電とは、菜種やヒマワリ、パーム油等の油糧作物、廃食用油といった「油脂」を原料として製造する軽油代替燃料を用いた発電方法です。
化石燃料由来の燃料に比べて大気中の二酸化炭素を増加させない「カーボンニュートラル」の特性を持ったバイオ燃料のひとつと位置付けられています。 また、バイオディーゼル発電の主要生産国は、フランス、ドイツ、イタリアであり、バイオディーゼル発電の生産をリードする欧州においては、主に菜種の新油からバイオディーゼル発電が生産されています。アメリカにおいては、大豆の新油を主な原料として、バイオディーゼル発電の生産を行っています。バイオディーゼル燃料は、着実に社会に根づいています。

バイオディーゼル発電